2021/04/07 チーム情報

4月4日(日)「ジャパンラグビートップリーグ2021」第6節にて橋本大輝選手がトップリーグ100試合出場を達成

2009年4月入部。2012−2013シーズンから5年間、キャプテンを務めた経験を持つベテランのFL橋本大輝選手が、4月4日(日)「ジャパンラグビートップリーグ2021」第6節vsパナソニックワイルドナイツにてリーグ戦通算100試合出場を達成しました。

橋本大輝選手
「入部した当時は100試合も出場できるとは思っていませんでした。1試合1試合、目の前の試合に集中し、気がついたらリーグ戦通算100試合になっていたという感じです。個人的にはそれほど100試合出場を意識していなかったのですが、選手、スタッフがいろいろな演出をしてくれて。まず土曜日のミーティングの時に、OBの村上(正幸)さんと同期の清水(佑)、植村(始)が激励に来てくれ、試合当日のミーティングでは仲が良かった(伊藤)鐘史さん、シュガーさん(佐藤貴志)、アンディー(アンドリュー・エリス)のメッセージ動画をサプライズで流してくれました。あと、フランクリン選手は、入場の際に先頭を譲ってくれて一番にグラウンドへ入らせてくれた。節目の試合を盛り上げようとする、みんなの気持ちが嬉しかったです。
100試合目は、入部以来一度も勝ったことがないパナソニックとの一戦になりました。また、試合当日は雨。実は雨の試合に悪い印象がなくて、どちらかというと得意に思っていました。そこに不思議な巡り合わせを感じて...。残念ながら引き分けという結果に終わりましたが、パナソニックとは決勝戦で再度対戦するチャンスがあるので、その時にしっかり勝敗を決めたいと思います。
これまでにもっとも印象に残っている試合は、トップリーグではないのですが、2015−2016シーズンに行われた『プレシーズンリーグ2015』の決勝戦。サントリーを破って、ラグビー人生で初めて優勝することができた試合です。ずっと頂点に立つことを目指して戦っていたので目標を達成し、誇らしかったことを覚えています。もちろん、これからも目標は『優勝』です。15シーズンぶりに頂点に立ったトップリーグでもリーグ戦でトヨタ自動車と引き分けました。今シーズンもこのまま負けなしで優勝まで勝ち続けることができるよう頑張ります。これからも応援よろしくお願いします!」

ニュース一覧に戻る

PAGE TOP