ニュースNews

レポート

2018.12.19

12月17日(月)神戸製鋼所本社にて優勝報告会を行いました

12月17日(月)、神戸製鋼所本社に全選手が集まり、社員の方々に優勝を報告しました。

この会は、優勝の報告とコベルコスティーラーズをより身近に感じていただこうと交流を中心に実施。まずは福本正幸チームディレクターが「コベルコスティーラーズは皆様の応援のお陰でトップリーグでは15年ぶり、日本選手権では18年ぶりの優勝を勝ち取ることができました。今日は選手との交流をお楽しみください」と、挨拶。その後、前川鐘平共同キャプテンとアンドリュー・エリス共同キャプテンが乾杯の音頭を取り、会はスタートしました。納会以外で本社に全選手が集まる機会がないこともあり、社員の方々は、はじめは外国人選手やプロ選手に声をかけづらそうな様子でしたが、社員選手が間に入り、サインをもらったり、写真を撮ったりするうちに打ち解けた雰囲気に。

最後にデーブ・ディロンヘッドコーチが「決勝戦の時、選手はコベルコの作業服を着てグラウンドに入りました。優勝という結果を残した選手を誇りに思います。このように新たな歴史を作ることができ、我々は高炉に火をつけることができました。この優勝に満足することなく、来シーズン、さらに成長したいと思います」と締めくくり、会は終了しました。

社員の皆様方、これからもコベルコスティーラーズの応援よろしくお願いします!

PAGE TOP