ニュースNews

レポート

2018.12.19

12月17日(月)兵庫県警察、兵庫県庁、神戸市役所を訪問し、優勝を報告しました

トップリーグ総合順位決定トーナメント兼日本ラグビーフットボール選手権大会決勝で昨年度の覇者・サントリーサンゴリアスを破り、トップリーグでは15年ぶり、日本選手権大会では18年ぶりの優勝を飾ったコベルコスティーラーズ。12月17日(月)、福本正幸チームディレクター、デーブ・ディロンヘッドコーチ、前川鐘平共同キャプテン、アンドリュー・エリス共同キャプテン、ダン・カーター選手は、兵庫県警察、兵庫県庁、神戸市役所を訪問し、優勝を報告しました。

まず、兵庫県警察を訪れ、西川直哉本部長らと懇談会へ。西川本部長から「決勝戦は圧勝でしたね。これから神戸製鋼の黄金時代を超える8連覇を目指して頑張ってください」とエールが送られると、5人は笑顔に。2016年にコベルコスティーラーズは、飲酒運転撲滅キャンペーンのポスターに登場したことから、ニュージーランドと日本の飲酒運転の取り締まり方法の違いなどについて話をした後、話題は来年のワールドカップに向けての兵庫県警察の取り組みに。選手がバスでスタジアムへ移動する際に渋滞を避けるため、白バイで先導することが検討されていることなどを教えていただきました。30分の懇談会は終始和やかな雰囲気で行われ、最後に記念撮影を撮り、5名は兵庫県庁へ。

大勢の方々に出迎えていただき、前川共同キャプテンは「神戸に帰ってきてからいろいろな方々におめでとうと言っていただき、うれしいですね。ワールドカップが行われる前の年に、優勝することができ、神戸からラグビーを盛り上げていきたいと思います!」と挨拶しました。その後、5名は井戸敏三知事に優勝を報告し、決勝戦に出場した23選手のサイン入りボールを贈呈。知事室には平尾誠二元GMから贈られたサイン入りボールが置かれており、井戸知事は「隣に飾っておきますね」と、にっこり。井戸知事から優勝を達成できた一番の要因を聞かれ、エリス共同キャプテンは「チームの歴史、会社の歴史を学んだことが大きかったと思います。神戸は1995年に阪神淡路大震災で大きな被害を受け、神戸製鋼も高炉が止まるなどしました。震災からの復旧復興のことを知り、街のこと、チームのこと、会社のことを理解したことで、選手たちの意識が高くなった。今シーズン、我々は復旧に尽力したスティールワーカーだと思ってプレーしました」と答えると、井戸知事は「そういう思いでプレーしていてくれていたとは。プレーで我々を励ましてくれていたんですね」と、感激した面持ちでした。また、井戸知事から「カーター選手が加わったこともチームにとって大きかったと思います」と言われたカーター選手は「恥ずかしいですね」と謙遜。それを受け、エリス共同キャプテンが「DC(カーター)は、グラウンドでは素晴らしいプレーをし、グラウンドの外では若い選手の指導に力を入れてくれています。また、順位決定トーナメントに入る前には、準決勝、決勝がどういうものなのかを教えてくれました。DCはスーパースターですが、常にみんなのために動いてくれる、素晴らしい人間なんですよ」と説明していました。最後に井戸知事から「今年、兵庫県は誕生から150周年を迎えました。節目の年をコベルコスティーラーズに優勝でお祝いしていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。来シーズンも優勝を楽しみにしています」と言葉をかけられ、5人は知事室を後に。

最後に訪問したのは神戸市役所。横断幕やコベルコスティーラーズの応援フラッグを持った職員や市民に拍手や「おめでとう」の歓声で出迎えられた5人は、熱い祝福に感動した様子でした。久元喜造市長から「コベルコスティーラーズの優勝は、神戸市民にとって誇りです。神戸市はラグビーワールドカップ2019の開催地ですが、その前年に偉業を達成していただき、うれしく思います」と称賛され、「神戸市スポーツ特別賞」の賞状を前川キャプテンに授与しました。前川キャプテンは「長い間勝てませんでしたが、今シーズンは春からチームが強くなり、結束力が高まっているのを感じていました。今シーズンだけでなく、V2、V3と連覇を達成できるようにしたいと思います」と、決意表明。福本チームディレクターは「今シーズンは試合に出る15人だけでなく選手、スタッフ全員で1つになって戦うことができました。また、会社のこと、OBからの経験を学んだことも大きかった。決勝戦の前に選手たちから会社の作業服を着て国歌斉唱をしたい、会社と一緒に戦いたいと言われた時、良いチームになったと心から思いました。戦う前から勝利を確信し、それが大差での勝利という結果につながったのだと思います。来シーズンも優勝報告ができるようにしたいですね」と、前川キャプテンと同じく連覇を誓いました。

長い間、優勝を待っていてくれていた地元の皆様に、このようなご報告ができたことをうれしく思います。今後は、連覇を目指して、コベルコスティーラーズは突き進んでいきます!

PAGE TOP