ニュースNews

レポート

2018.06.13

6月10日(日)「第46回兵庫県フェニックスラグビーフェスティバル」のイベントにコベルコスティーラーズの選手が参加しました

6月10日(日)神戸・ユニバー記念競技場で開催の「第46回兵庫県フェニックスラグビーフェスティバル」のメインイベントvsコカ・コーラレッドスパークス戦の試合前に、小学生ラグビー教室をはじめ、さまざまなイベント行われ、コベルコスティーラーズの選手が参加しました。

会場付近で実施のダイビングトライチャレンジ、ラグビーストラックアウト、だるま落としからなるスタンプラリーのコーナーには、梁正秋選手、張碩煥選手、渡邉隆行選手が登場。子供から大人まで、多くのラグビーファンと触れ合っていました。また13時から行われた小学生ラグビー教室には、山﨑基生選手、安井龍太選手、児玉健太郎選手、森田慎也選手、井関信介選手が参加し、事前に応募された約70人の子供たちを指導。パス練習からスタートし、最終的にタグラグビーの試合を行い、選手たちも子供たちと一緒に楽しんでいました。

ほかにも、試合前に、応援リーダー「女と男」さんとコーロクン&マスコットガールのいけちゃん、はるちゃんによる応援練習、さらに、女と男さんと渡邉選手の楽しいトークショーを実施。今シーズンのチームの注目ポイントを聞かれると、渡邉選手は「新しいボールの動かし方を練習しています。ボールがどんどん動く、見ていて楽しいラグビーが見られると思います」と話していました。

ハーフタイムには、前川鐘平キャプテン、アンドリュー・エリスキャプテン、安井龍太選手、アダム・アシュリークーパー選手、日和佐篤選手が登場し、ミニボールの投げ入れ。

心配された天気もなんとか持ち、今年の「兵庫県フェニックスラグビーフェスティバル」は大盛況のうち、無事終了。試合も、40−38でコベルコスティーラーズが勝利し、プレシーズンマッチ2連勝を飾りました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

PAGE TOP