INTERVIEW

試合後のコメント

2021年02月22日 | 取材日:2021年02月20日

ジャパンラグビートップリーグ2021第1節 vsNECグリーンロケッツ戦のレポート

新型コロナウイルスの影響で開幕が延期になっていた「ジャパンラグビートップリーグ2021」が、2月20日(土)、ついに幕を開けた。昨シーズン、最後の試合になったトップリーグ第6節が行われてから約1年ぶりの公式戦に、選手たちは「楽しみで仕方がない」と声をそろえる。ディロンヘッドコーチも「1月7日のプレシーズンマッチ以来、対外試合を行っていないので、全員が試合に飢えている状態です。開幕を前にエキサイティングな気持ちですね」と意気込んでいた。コベルコスティーラーズの開幕戦の相手は、NECグリーンロケッツだ。イングランド代表21キャップを持つSOグッド選手が新たに加わった相手に対し、山中選手は「対戦チームに関係なく、自分たちのラグビーをするだけです。プレシーズンでやってきたことを出し切りたい」と話していた。

試合は開始1分、ミスから一瞬の隙をつかれて先制のトライを許すも、前半8分、NEC陣10mライン付近からSOパーカー選手が裏にキックを蹴ると、この試合がトップリーグデビューのSH徳田選手がバウンドをうまくキャッチ。徳田選手、FLフランクリン選手がオフロードパスで繋いで、PR中島選手がトライをマークする。ゴールキックも成功し、7−7。さらに、11分には、FB山中選手がカウンターを仕掛け、その後、FW、BK一体となったコベルコスティーラーズらしい攻撃を見せて最後はNo.8ナエアタ選手が右隅へと飛び込む。難しい角度のキックをパーカー選手が沈めて、14−7に。16分には、相手ラインアウトをHO平原選手がキャッチすると攻撃に転じる。BK陣が華麗にパスをつなぎ、最後はCTBラファエレ選手がインゴールへ。ゴールキックも決まり、21−7とリードを広げる。しかし、ここからNECに防御ラインを度々破られるようになる。20分、相手のスクラムからのサインプレーでFBにビッグゲインを許すと、パスをつながれトライを献上。26分、クイックリスタートから攻撃を継続し、銀髪が眩しいWTB山下(楽)選手がトライを奪うも、30分、昨シーズンと同様にこの試合でも圧倒的な存在感を放っていたLOレタリック選手のタックルが危険なプレーと見なされ、シンビンに。一人少ない状況にコベルコスティーラーズは窮地に立たされる。32分、ゴール前ラインアウトから展開されてトライを許すと、40分にもトライを奪われ、28−26で前半終了となる。

パーカー選手のキックオフではじまった後半、注目の新戦力、元ニュージーランド代表のWTBスミス選手が魅せる!3分、NEC陣10m付近からパスをつなぐとナエアタ選手がビッグゲイン、内側をサポートしていたスミス選手にボールが渡り、そのままゴールラインまで走り切る。美しい連携に会場から小さくどよめきが起こる。ゴールキックも決まり、35-26とする。後半、良い入りを見せたコベルコスティーラーズだが、その後は攻めてもミスが出てトライを取り切るにいたらない。スコアが動いたのは、23分、ハーフライン付近のマイボールラインアウトをNECに奪われるも、ラックでボールを奪って反撃に転じ、最後は山中選手からパスをもらった山下(楽)選手がディフェンスを外してインゴールへと飛び込む。35分には、センターライン中央付近のスクラムからサインプレーを織り交ぜながら前進し、最後はナエアタ選手が20m走り切りトライをマークし、47−26と突き放す。このまま勝利すればボーナスポイントを獲得することができたが、試合終了間際、NECに立て続けにトライを許し、47−38でノーサイド。コベルコスティーラーズはNECの猛追を振り切って、勝利を飾った。

試合後、共同キャプテンのフランクリン選手は「相手がプレッシャーをかけてきて、神戸はそれを受ける形になってしまい、思うような試合運びができませんでした。ボーナスポイントを取れるところで、終盤トライされてしまいましたが、勝ったことをポジティブにとらえて、この試合で出た課題を修正し、成長につなげていきたい」とまずは勝利に安堵した。ディロンヘッドコーチは「ディフェンスの面で多くの課題が出ました。ディフェンスを含めて、すべての局面で成長していかなくてはいけません」とさらなる成長を誓った。スミス選手はトップリーグデビューと自身の初トライを喜ぶとともに、「ディフェンスは最初のタックルで相手を止めきれなかったところが課題です。アタックは良い面も出ましたが、NECにプレッシャーをかけられミスで終わった場面も多々ありました。今日はうまくいかないことが多かったですが、これを糧にさらに成長できるようにしていきたい」と決意した。トップリーグデビュー戦でマンオブザマッチに輝いた徳田選手は「個人的にシーズンオフからフィットネスを強化してきて、(梁)正秋と交代する後半36分までしっかり走り切ることができたことは良かったです。チームとしてはディフェンスで課題が出ました。誰をどこに立たせるか等、声をかけてディフェンスをオーガナイズするのが僕の仕事です。そこは修正しないといけません」と自身のパフォーマンスに手応えを感じながらも、次節に向けて気を引き締めた。

昨シーズンは鉄壁だったディフェンス網が破られる場面も多く、決して満足のいく内容ではなかった。しかし、2年越しのトップリーグ連覇を達成するための戦いは、はじまったばかりだ。2月28日(日)、神戸総合ユニバー記念競技場で行われる第2節vsキヤノンイーグルスでは、課題をきっちり修正し、エキサイティングなコベルコスティーラーズのラグビーを見せてくれることだろう。

インタビュー一覧に戻る

PAGE TOP