close-up KOBE

-Long interview-

2021/06/11 | 取材日:2021年5月26日(ハッティング選手)、2021年5月26日(ナエアタ選手)

退部選手インタビュー part.3 グラント・ハッティング選手/ナエアタ ルイ選手

グラント・ハッティングGRANT HATTINGH

■1990年10月3日生まれ、南アフリカ・ヨハネスブルク出身

■キングスウッド高校→ステレンボッシュ大学→ライオンズ→ブルズ→クボタスピアーズ→サンウルブズ→神戸製鋼コベルコスティーラーズ(2018年度入部)

■ポジション/FL

■2020−2021シーズンまでの公式戦出場回数/9

一生付き合っていける仲間と出会えました。
優勝を含めすべてが特別な思い出です。
退団するにあたり今の心境をお聞かせください。

「コベルコスティーラーズに入団し、たくさんの仲間ができました。素晴らしい思い出がたくさんありますので、チームを離れることは寂しいですが、同時に新しい世界に踏み出すことも楽しみです」

今後はどうされるのでしょうか?

「南アフリカに戻り、今後について考えます。ラグビーを続けるかどうかは決めていませんが、次のステップを踏み出そうと思っています」

もっとも印象に残っている試合を教えてください。

「『ジャパンラグビー トップリーグ2018−2019』プレーオフトーナメント決勝サントリー戦ですね。トライをマークし優勝に貢献できたことも嬉しかったですし、優勝を目標に掲げ一生懸命取り組んできて、それが報われたことに幸せを感じました。会社やOBの方々、ファンの皆様がとても喜んでくれて、本当に素晴らしい勝利になりました。決勝戦は忘れられない試合です」

コベルコスティーラーズで学んだこととは?

「全力で取り組むことはもちろん、基本スキルの重要性を学びました。それと同時に、オフフィールドでチームメイトとの時間を楽しむことも大切だということがわかりました。このほかにもたくさんのことを学びましたので、今後の人生にいかしていきたいと思います」

コベルコスティーラーズとはハッティング選手にとってどういうチームですか?

「一生付き合っていけるような良い仲間ができましたし、たくさんの素晴らしい思い出ができました。私にとってコベルコスティーラーズは特別なチームですね」

チームメイトにメッセージを。

「プレーヤーとしてだけでなく、人間的にも素晴らしい人たちばかりで、フィールド内外で特別な時間を過ごすことができました。今シーズンはコロナの影響もあり全員が集まって、食事をすることはできなかったですが、ハロウィンイベントやクラブナイトなども良い思い出です。チームメイトには感謝しかありません。今シーズンは優勝することができなかったですが、新リーグでは再び頂点に返り咲いてくれるものと願っています」

では最後にファンの皆様方にメッセージをお願いします。

「ファンの皆様と出会えたことも素晴らしい思い出です。熱いサポートをありがとうございました。選手はこれからも皆様のために一生懸命プレーしますので、新リーグでもコベルコスティーラーズの応援よろしくお願いします」

ナエアタ ルイLUI NAEATA

■1994年2月2日生まれ、トンガ・トンガタプ出身

■トンガカレッジ→流通経済大学→神戸製鋼コベルコスティーラーズ(2018年度入部)

■ポジション/No.8

■2020−2021シーズンまでの公式戦出場回数/25

素晴らしい仲間と切磋琢磨することで、
選手として人として成長することができました。
在籍した3年間を振り返って何が思い出されますか?

「ワールドクラスの選手と一緒に切磋琢磨したことです。外国人選手だけでなく、日本人選手も能力が高く、素晴らしい人間性の持ち主ばかりで、そんなチームで3年間プレーでき、ラグビープレーヤーとしても、人としても成長することができました。思い入れのあるチームを離れることは寂しいですが、新しい環境でチャレンジし、さらに成長できるように頑張ります」

どこを伸ばすことができたと思いますか?

「基本スキルです。パスやタックルなどの練習を積み重ねてきたことで、すべてのスキルが良くなったと思います」

入部1年目にはトップリーグ優勝を経験することができました。

「これまでの人生で初めての優勝だったので、試合に出ることはできなかったですが、とても嬉しかったです。また、レガシー活動を通じて、会社の歴史を学び、社員の方々がどれだけチームのことを愛し、サポートしてくれているかを知ることができました。皆様に日頃のサポートの恩返しがしたいとチーム一丸となってハードワークし優勝を掴み取ることができました」

もっとも印象に残っている試合を教えてください。

「今シーズン、最後の試合となった『ジャパンラグビー トップリーグ2021』プレーオフトーナメント準々決勝クボタ戦です。2年越しのトップリーグ&日本選手権連覇を達成したかったのですが、敗れてしまいとても悔しかったです。仲間との最後の試合が敗戦という結果に終わって残念に思います。みんなにはこの悔しさを糧にまた強いコベルコスティーラーズを作ってもらいたいです」

ナエアタ選手が思うコベルコスティーラーズの魅力とは?

「素晴らしいレガシーと素晴らしい仲間がいることですね」

チームメイトにメッセージを。

「みんなのお陰で最高の時間を過ごすことができました。みんなと過ごした日々は忘れることができません。これからも最高のチームであり続けてください!そしてお互いに頑張りましょう!」

では最後にファンの皆様へメッセージをお願いします。

「どんな時でもあたたかいサポートをお送りいただき、感謝しています。皆様の応援からたくさんのエネルギーを得ることができました。これからもラグビーは続けますので、またスタジアムで皆様にお目にかかれることを楽しみにしています!」

インタビュー一覧に戻る

PAGE TOP