ASK THE Kobelco Steelers

一問一答

「ラグビーがうまくなりたい!」 「ラグビーを始めたい!」 などラグビーに関する質問や、トレーニングについてなど、選手に聞いてみたい素朴な質問に選手やスタッフがお答えします。

  • Q

    高校一年生です。ラグビー選手で一番鍛えた方がいい筋肉はどこですか?
    あと当たり方を教えてください。

    (しょた)

    A

    FL前川 鐘平

    こんにちは、FLをやっています前川鐘平です。

    ラグビーで1番鍛えたらいい筋肉はどこか?という質問ですが、
    まず、ラグビーの試合を考えてみましょう。

    ラグビーには必ずコンタクトプレーがあります。
    タックル、モール、ブレイクダウン、スクラムなど様々な場面でコンタクトプレーをしなければなりません。
    タックルをするときを想像してみてください。
    首、肩、腕、背中、お尻、足、など様々な筋肉を使っていることが考えられます。
    その他のコンタクトプレーも同様のことが考えられます。

    また試合では80分間・高校生では60分間走らなければなりません。
    そう考えるとやはり様々な筋肉(全身)を使ってプレーしていることがわかります。
    どこか一部分を鍛えるのではなく全身をバランスよく鍛えたほうがラグビーに活かせると私は考えています。
    そこで今、コベルコスティーラーズでやっている月曜日〜金曜日の日程を紹介します。

    月曜日 全身
    火曜日 体幹
    水曜日 オフ
    木曜日 上半身
    金曜日 下半身

    このような日程でコベルコスティーラーズでも全身の筋肉をつけるためのウエイトトレーニングをしています。

    筋肉をつけることはケガ予防にもなり、やればやるだけ効果が出るものなので、ぜひ!自分なりに努力してやってみてください。
    しかし、高校生なので毎日厳しい練習、また勉強等があり、なかなかトレーニングする時間がないかもしれませんが、
    腕立て、腹筋、懸垂、バービージャンプなどを毎日やるだけでも効果があると思います。
    とにかくやりましょう。やらなければ筋肉はつきません。

    当たり方についてですが、まず当たるときに重要なのが相手に真正面から当たりに行くのではなく、少しずらして当たることが重要です。
    当たる前にステップを切って右か左に少しずらすことで、少しゲインを切れたり、タックルされた後のボディーコントロールやオフロードパスがスムーズにできたりします。

    次に重要なのがしっかり足を踏み込むことです。相手が右肩でタックルしてくるなら右足、左肩でタックルしてくるなら左足というようにしていきましょう。
    試合ではなかなかすぐにはできないと思うので、まずは練習で5割ぐらいから相手のタックルに合わして足をしっかり踏み込む練習からしていきましょう。それが癖づけば、試合で活かすことができると思います。

    また、進行方向に対して体や足が横を向かないようにしましょう。
    横を向くと力が横に逃げてしまうので、当たるときに体や足が進行方向にしっかり向いているかも確認しながら練習しましょう。
    最後に腕やひじや肩を使って相手からしっかりボールを遠ざけボールに絡まれないようにしましょう。

    しょたさん参考になりましたか?少しでも参考になれば幸いです。
    これからも向上心を持って未来のコベルコスティーラーズを目指して練習頑張ってください。
    そしてコベルコスティーラーズの応援よろしくお願いします。
  • Q

    僕は今、ラグビースクールでラグビーをやっています。
    年に何回か試合があるのですが、試合の度に足がつってしまいます。
    試合前などにしっかり伸ばしたり、足や体を冷やさないようにしているのですが、どうしてもつってしまいます。
    なにか、対処法などありますか?

    (あずきパンダちゃん)

    A

    アスレティックディレクター久々知修平

    こんにちは、アスレティックディレクターの久々知修平です。

    実は「足が攣るメカニズム」は明解にはなっていません。
    しかし、いくつかの問題が関連していることは指摘されています。

    「足が攣る」事が頻繁に起こる場合は、稀に内科的疾患が原因の場合があります。
    大袈裟かもしれませんが、一度、病院を受診する事をおすすめします。

    今回は、大きな問題がなかったと想定し、弊部で実際に実施している対策を中心に代表的な方法をお伝えしたいと思います。
    具体的には、「足が攣る=筋肉の異常な収縮」なので「筋肉が働きやすい環境をつくってやる」ことが大切です。

    ◯試合前日、当日の適切な食事と水分&ミネラル補給ができているか。
     試合前日の夕食は炭水化物を中心に糖質&柑橘系フルーツを意識して摂取。
     試合当日は試合開始2~3時間前までにはしっかりとした食事は済ませ、
     試合1時間前以降はバナナやエネルギーゼリー、スポーツドリンクを摂取。
     ハーフタイムでも枯渇したエネルギーを補う為にエネルギーゼリーや
     スポーツドリンクを摂取。
     水分は常に意識して摂取。

    ◯試合前日に充分な睡眠をとれているか。
     睡眠時間は7-8時間確保。

    ◯筋肉のコンディションは良好か。
     筋肉の張りや強ばりがある場合は、軽いセルフマッサージやストレッチ、テーピング、
     交替浴等も有効です。
     日頃の練習等により、筋肉に疲労が蓄積されている場合もあります。
     日頃から練習後のクールダウンを入念に実施して下さい。
      例)グラウンドでの軽いジョギングorウォーキング(軽い有酸素運動)
        主要な筋肉のストレッチ(下肢の筋肉全般)
        アイスバス(冷浴 or 交替浴)
     試合当日のウォーミングアップを入念に実施して下さい。

    今回上記に挙げているのは一つの例です。
    改善がみられない場合は、専門家(医療関係者やトレーナー)に相談するようにして下さい。
  • Q

    こんにちは!
    今、大学でラグビーを続けている1年のラグビー好きです。
    悩み事はハンドリングが下手なことです。
    人によっては絶対落とさない人がいることや、かなりの確率で落としてしまう人がいます。
    そのために練習後、仲間とハンドリングの練習をやっているのですが全然落としません。
    なにが問題なのでしょうか?

    (大学1年のラグビー好き)

    A

    SH佐久間隆

    こんにちは、SHをやっています佐久間隆です。

    基本のハンズアップはもちろんですが、パスを受ける際、ボールを迎えていますか?
    パスをキャッチする際、ボールを中心に対し顔と両肩(上半身)がボールがくる方へいているでしょうか?

    チームでも、ランニングは真っ直ぐ、ボールをしっかり迎える事。その事をよくパスの練習で言われます。
    あとは以外とですが、メンタル面も大切です。考えすぎたり、ミスをしたくない為に少し力が入りすぎたりしている場合もあります。

    私も含め皆さんもボールを落としてしまったり、ミスをしてしまったりしたことはあります。
    そういう時こそ、先ほどの基本に返り、シンプルにリラックスしてプレーをするといいと思います。
  • Q

    こんにちは。
    僕は東京の試合が出来るギリギリの人数の高校でBKリーダーをやってます。
    FWとBKで別れて練習をすることがあるんですけど、どんなメニューがいいか教えてください!
    いつもサインプレーの確認とパスを回す事しかしていません。
    ヨロシクお願いします。

    (東京の高校生)

    A

    正面 健司

    こんにちは、正面です。

    サインプレーはもちろん試合で重要ですが、そのサインプレーも成功させるにはパスの精度や走り込むスピードが重要です。

    ですから練習では基本のストレートランのパス練習を多めにするといいと思います。
    2次3次攻撃の際にはストレートランができると相手はDFしにくいと思うのでとても重要です!

    インゴールに向かってまっすぐ走れる選手になってください!!
  • Q

    僕はFLをやっているのですが、なかなかタックルしたり、ボールをもらえる位置に立てません。逃げている訳じゃありません。タックルは得意なのに出来なくて困っています。どうすればいいですか?お願いします。

    (kyoto)

    A

    FL鈴木敬弘

    こんにちは、FLをやっています鈴木敬弘です。

    FLというポジションは一番走らなければならないポジションです。まずは無駄走りでもいいから走り回り、ラックにいち早く寄っていこう。

    ラックに早く寄れるようになると、次に起こることが予測する余裕ができ、ボールをもらう位置にポジショニングするのか、ラックに入りオーバーするのか、またディフェンスの際は誰をマークするのかを考える余裕ができます!もちろんこれにはスタミナを付ける事が大前提です。

    可能なら海外や国内のトップレベルのゲームをチェックしてみてください。
    通常、試合はボールを追いながら見てしまいますが、同じポジションの選手にだけ注目して試合を見てみる事も重要です。
    ラックではどんなプレーをしているのか?ボールを持っていないときはどんなポジショニングをしているのか?
    いい勉強になりますよ!

    それでも解決しなかったら、灘浜グラウンドや各試合会場で僕を発見して質問してくれたら相談に乗ります!
    頑張って一度試してください!!
  • Q

    僕は、中学1年でラグビースクールでウィングをしています。
    僕は身長が150cm弱で小柄ですが、家や公園で1人でできるトレーニングを教えてください。

    (taku)

    A

    WTB中濱寛造

    こんにちは、WTBをやっています中濱寛造です。 この度は、質問をしてくれてありがとう!
    質問に回答させていただきます。

    taku君はまだ中学1年生ということですからこれからまだ体は大きくなると思いますが、いずれにせよ下記トレーニングを実施していて損な事はないと思います。
    是非実践してみてください。

    ○体幹トレーニング
    体幹を鍛える事で筋力が増加する上、体のバランスも良くなり、タックルなどで外圧を受けるラグビーの競技としての特性上、非常に効果的です。大きい選手からのタックルでも、少し芯をずらしたりするだけで、体幹バランスが良ければ耐えられる事も増えます。
    是非実践してみてください。また、経験上、体幹の強い人はケガが少ないです。

    トレーニングの方法は、文章では書きにくいので、ネット検索で「体幹トレーニング」と入力してみてください。たくさんあると思いますが、taku君が自分に必要だと思うトレーニングから取り入れてみてはいかがでしょうか。

    ○公園でのトレーニング
    一人でするトレーニングというのは基本的に上記のようなフィジカルトレーニングが中心となってしまいます。

    taku君のポジションがウイングだという事で、思いついたトレーニングをご紹介します。

    それはまずボールを手に持ちます。そのボールを無造作に投げるのですが、壁があれば壁でもいいですし無ければ5M程前の上空に向かってでもOKです。

    自分の中でルールを決め、例えばボールが転がった方向と逆の方向に走り出すという動作を瞬時に行います。(右に転がれば左に走り出す、まっすぐ向かってくれば後退する等)
    ボールが転がった瞬間からリアクションをおこすまでの時間をできるだけ早くするよう心がけてください。

    これを続けると、目から得た情報からリアクションをおこすまでの俊敏性を鍛えられると思います。 是非頑張って実践してみてください。いつの日かtaku君とプレーできる日を楽しみにしています。その日まで僕も頑張ってプレーし続けます!!
  • Q

    こんにちは。フルバックをやっています。ものすごくでかくてスピードのある選手をとめる時のタックルの行き方を教えて下さい。

    (高3、ピノ)

    A

    CTB山本 大介

    こんにちは、CTBとFBをやっています山本大介です。
    ご質問に対して私がお答えいたします。

    FBのディフェンスは、ウイングとバッキングしてくる選手とでコミュニケーションを取り、3人で囲うようにすれば止めやすくなります。しかもそうすれば倒した時にターンオーバーしやすくなります。基本的にFBはディフェンスの綻びにフタをするようなイメージを持ってください。

    仕方なく1対1になった場合は、大きくて早い選手に対しては、足首めがけて思い切って飛び込むしかありません。これは「勇気を持って飛び込め!」としかアドバイスできません。最悪タックルがきれいに決まらなくても、スピードは落ちますので、バッキングアップのディフェンスの選手が追いつきます。

    決して最後まで相手から目をそらさず、足首に肩を当てにいくイメージで飛び込んでください。怖さを克服すれば必ず決める事ができるはずです。

    頑張ってください。
  • Q

    この春、中学になります。ラグビーを続けたいのですが、自信が有りません。自信をつけるにはどうしたらよいですか?
    弟もラグビーをしてます。バックスです。上手になりたいので神戸の人にいいアドバイスをもらいたいです。

    (小学6年&3年)

    A

    WTB大橋 由和

    こんにちは、ウイングをやっています大橋由和です。

    君達はまだ小学生なので、自信なんて必要ないと思います。
    まずは、ラグビーを楽しむ事、好きになる事が重要(じゅうよう)だと思います。

    ラグビーには色んなポジションがあります。
    小さくたって、足が遅くたってできるポジションはあります。
    頑張って続けてみてください。続ける事で何かを見つけられるはずです。
    その「何か」のために頑張って努力していると自然に人にも伝わります。
    それで仲間との深い絆もうまれ、それは君達にとって一生の財産となります。

    これからの人生でこのような場面は何度もあるはずです。
    ところがその局面から目をそらしてしまうと、ずっと「逃げ」の人生となってしまいがちです。
    大人になる前からこのような事に悩み、努力しようとする君達は、
    必ず頑張れる人になれるはずです。
    その「何か」を見つけるため、苦しいときもあるかも知れませんが、頑張って続けてみてください。

    追伸:ちょっとアツクなりすぎました。ごめんなさい。
  • Q

    僕はキックがあまり飛びません
    飛んだ時も全然のびがありません
    同学年でもかなりのびるキックをける人がいます
    どうすればのびるキックをけることができますか?

    (13才 こーべ)

    A

    SO・FB森田 恭平

    こんにちは、スタンドオフをやっています森田です。

    ご質問の件ですが、僕がいつも注意してる点は、

    1、力を抜いてミートを意識すること(力むとボールがのびません)
    2、足を蹴る方向にまっすぐに振り、フォロスルーをしっかりすること
    3、手からボールを落とすときにボールがぶれないこと
     (これがぶれると足がまっすぐ振れません)

    蹴り方は人それぞれなので練習で自分の蹴り方をみつけてください。
    海外のラグビー選手やサッカーのキーパーなど見ても良いヒントが貰えると思います。

    自分で色々な蹴り方を観て試して、
    自分なりにアレンジして練習を繰り返すことが重要だと思います。
    頑張ってください!!
  • Q

    僕はラグビーをやってます。センターなのですがステップでうまく抜く事がなかなか出来ません。何か相手を抜く時に気をつけることなどあるのでしょうか?それとステップがうまくなる方法があるのでしょうか?

    (地味さん)

    A

    CTB・WTB高倉 和起

    こんにちは、センターの高倉です。

    まず、相手を抜くときに何を考えて抜こうとしていますか?
    ただボールをもらってから抜くではBKは抜けません。
    大事なのはボールをもらう前だと思います。

    ボールをもらう前にまず相手を見ることが一番大事ですし、相手がBKなのかFWなのか、FWであればスピードで抜くことができると思いますが、BKはなかなか抜くことが出来ません。

    僕がいつも心掛けていることはボールをもらう前に動くということです。
    内に見せかけて外に行ったり、外に行くと見せて内に行ったり。
    そして、スピードの緩急をつけることです。

    また、ステップが上手くなる方法は、よく抜ける人のステップを真似してみるといいと思います。

    最後に僕の大学時代の尊敬する先輩の言葉を載せます。「相手を抜くには相手と逆に走ればいいんだよ。」
    これにはすごく納得しました。

    すぐに抜けるようにはならないと思いますが、チャレンジして頑張ってください!!
PREV 5  6  7  8  9

皆様からのご質問大募集!

一問一答コーナーでは皆様からの質問を募集しています。沢山のご応募、お待ちしております。

ご質問送信先

staff@kobelcosteelers.com

メールの件名と本文に下記の情報を入れて、ご質問を送信ください。

件名:一問一答
本文:【お名前】【ニックネーム】【性別】【ご質問】

※出場選手やけが人情報など、質問の内容によりお答えできない場合がございます。予めご了承下さい。

PAGE TOP