ASK THE Kobelco Steelers

一問一答

「ラグビーがうまくなりたい!」 「ラグビーを始めたい!」 などラグビーに関する質問や、トレーニングについてなど、選手に聞いてみたい素朴な質問に選手やスタッフがお答えします。

  • Q

    僕は高校2年生でNo.8をやっているのですが、身長180センチ 体重80キロという体つきの割には、試合中になかなか突破することができません。
    また、足が遅くて抜くこともできません。
    どうすれば突破力が上がり足が速くなるのでしょうか?

    (カズ)

    A

    LO前田大輔

    こんにちは、LOをしています前田大輔です。

    突破力を向上させるには、身長180センチ体重80キロという体格であっても、
    更に筋力アップすることで突破力は向上すると思います。
    また、技術面でDFラインを突破する方法として私自身が意識しているのは、
    相手DFのギャップを狙うことです。

    相手に真正面から当たり突破するのもひとつの方法ですが、ボールを貰う前に相手をずらしたりなどしてスペースに走ることにより、高い可能性で前へ出れるようになります。

    相手を抜くスピードを身につけるには、一瞬の瞬発力の速さを身につける練習をしてください。ラダートレーニングなどのSAQトレーニング(スピード、アジリティ、クイックネス)をすることをお勧めします。

    なかなか思うような成果が出なくても、日々努力し続ければ結果はついてきます頑張って下さい!!
  • Q

    こんにちは。自分はラグビーにあこがれていて今年からクラブチームで始めることにしました。
    ただ、年齢が26歳で、今までの運動経験は高校まで陸上の長距離をやっていたくらいです。
    身長が188センチあるためロックをやりたいと思っているのですが、体重が71キロしかありません。
    体幹トレーニングは毎日行っているのですが、その他にどこから鍛えていけば良いか教えていただきたいです。
    できれば一人でできるトレーニング方法も知りたいです。よろしくお願いします。

    (にしやん)

    A

    LO大窪 光

    こんにちわ、LOをやっています大窪です。

    筋肉量を増やしたいならウエイトトレーニングをすることです。
    まず大きな筋肉を鍛えるために、スクワット・ベンチプレス・デッドリフト
    この3つのトレーニングを基礎として行い、あとは自分の好きなトレーニング
    メニューを少しずつ増やしていけばよいと思います。
    自重で行いたい場合はプッシュアップ・スクワット・懸垂などが良いと思います。
    毎日の積み重ねが大事ですので頑張ってください。
  • Q

    僕は高2でプロップをしているんですが、高1の時はルーズヘッドをしていました。
    高2になってタイトヘッドに変わりましたが全然上手く組めません。
    色々なラグビーに関する書物を読みあさりましたがイマイチわからないです。
    神戸製鋼のスクラムは見ていて、負けているとこを見ないのでなんとかアドバイスを頂きたいです。
    タイトヘッドで組んでる時に注意する点、押す時に首を取られない用にするためにどうすればいいのかを教えて頂きたいです。よろしくお願いいたします!

    (ひさぴょ)

    A

    SH山内雅延

    こんにちは、PRをしています山内雅延です。

    最近タイトヘッドを始めたということですが、
    まずはタイトヘッドでたくさんスクラムを組むことが必要だと思います。
    タイトヘッドでのスクラムの組み方は一つだけでは無いので、数多くの相手とスクラムを組み、体にタイトヘッドとしての経験値を積ませてあげる事が必要です。

    次に、実際にタイトヘッドを始めたばかりで一番感じるとは思いますが、タイトヘッドはルースヘッドと違い、フロントローの中で、相手の重さを一番感じるポジションだと思います。
    そのため、タイトヘッドには「相手の重さに耐える」、また「相手を押し返す」強い身体が必要になります。
    その中でも特に重要なのが「首」、「体幹」、「下半身」の力が必要になります。
    身体作りと、タイトヘッドでスクラムを組む練習を、同時進行で行っていくことが良いスクラムが組める第一歩になるでしょう。

    最後に、スクラムを組んでいる時の注意点など技術的なことに関してですが、今どのような状況・状態でスクラムを組んでいるのか具体的にわからないので文章での指導はできません。
    基本的なタイトヘッドとしての注意点は、「低い姿勢をキープする」、「首をとられない」、そして何より、「組む瞬間」です。組んだ瞬間に勝敗が決まるといっても過言では無いでしょう。
    そのために、自分達が優位な状態で組むため、低さや速さなど、FW8人で共通の意識を持つことが必要になります。

    ルースヘッド、タイトヘッドでは、首や肩、腕の使い方など違いはありますが、基本的にはまっすぐ押すということが大切です!
    チームにおいて『プロップ』は重要なポジションです。
    どこにも負けないスクラムが組めるように頑張ってください!
    応援しています。
  • Q

    まっちゃんです。
    ポジションはSHなんですが、中学の選抜にとてもはいりたいです。
    そのために、SHとして求められる技術とはなんですか?
    あと、長く伸びるキレのあるパスはどうすればいいのですか?

    (中2のまっちゃん)

    A

    SH猿渡 知

    こんにちは、SHをしています猿渡知です。

    中学の選抜に入りたいと言う意志はとてもいい事だと思います。その為に、SHとして求められる技術はさまざまです。

    まずは、まっちゃんが何が出来て、出来ないかを把握する事が第一ですね。
    そこを、自分でチェックする事で、課題が1つ1つ見えてくると思います!
    課題が出たら、その課題を克服する為に技術を磨きましょう!
    練習あるのみです。

    長く伸び、キレのあるパスも
    短い距離から正確にパスをする事から始めてみたらどうですか?
    少しずつ距離と精度を積み重ねる事で、長く伸びキレのあるパスに繋がると思います。

    中学選抜に入れるように頑張って下さい!!応援しています。
  • Q

    東大阪ラグビ−スク−ル5年生で、ラグビ−をしています。
    練習の時は、タックルが出来るのですが、試合では頭が下がってしまいます。
    どうしたら頭が下がらずにタックル出来るようになるでしょうか?

    (ゆうき)

    A

    LO伊藤 鐘史

    こんにちは、LOをしています伊藤鐘史です。

    わたくし、伊藤鐘史がご質問にお答えします。

    「練習では出来るけど、試合では出来ない」ってことは、まだ練習が足りてないかもしれません。
    試合では、色々な状況が起こりますし、普段よりも興奮状態にあるので、一つ一つのプレーを意識してやるのは難しいかもしれません。
    なので、意識しなくても体が反応出来るようにするために、普段の練習があります。
    いい癖がつくように反復練習に励んで下さい。

    頭が下がってしまう点については、試合でタックルする時に背中が丸まっていないかコーチにチェックしてもらってください。
    背中が丸まっていると頭をあげるのが困難になります。
    ラグビーを始めて間もない頃、スクラムの姿勢をとってキープする練習をしたと思いますが、あの姿勢はスクラムに限らず、あらゆるコンタクトの局面で重要になる姿勢です。
    意識しなくても出来るようになりましたら、あとは強い気持ちと自信をもって試合に挑んでください。
    ラグビーを楽しみながら頑張ってくださいね!

    Good Luck!
  • Q

    こんにちは、ラグビースクールでプレーしている小学五年生です。ポジションはFWとSOです。
    質問です。FWのことですがオーバーで負けないためには、どうしたら良いですか?
    次にSOの質問です。正確なパス、キックをするにはどうしたら良いですか?

    (ポン太)

    A

    SO森田 恭平

    こんにちは、SOをしています森田恭平です。

    オーバーで相手に負けないためには、相手より低い姿勢でオーバーに入ることが一番重要です。
    またポイントに相手より早くサポートに行くことも重要です。低く、早くを心掛けて下さい。

    正確なパスに関しては、自分のパススピード、味方の走るスピードを考えてスペースにボールを投げることを心掛けて下さい。
    正確なキックに関しては、ボールから目を離さず蹴ることが重要です。またミスキックの原因は、手からボールをリリースするときに乱れていることがほとんどです。丁寧にボールをリリースすることを心掛けて下さい。

    パスとキックは反復練習することが一番重要です。遊びでも構わないので、最低でも一日1回はボールを触るようにしましょう!!
  • Q

    僕は中学でラグビーをしています。フロントローです。最近はやっと厳しいタックルが出来るようになってきたのですが、どのプレーも全力で動き回ってしまいます。(全てのポイントへ行かないといけないと思うとつい)フロントローの動きで大事なことは何でしょうか?スローイングもまだまだです。何か良い練習方法があれば教えてください。(兄)

    僕は小学生5年のキャプテンです。キャプテンで大事なことは何ですか?(弟)

    (ラグビーブラザーズ)

    A

    PR平島 久照

    こんにちは、PRをしています平島久照です。

    お兄ちゃんの質問ですが、フロントローとしてワークレートをあげることはとても重要なことだと思います。
    しかし、全てのポイントに行こうとするのではなくゲームの流れを読み、必要なところで力を発揮することが重要だと思います。

    例えば、前に何人いるかなどを見て、入る必要のない時には次のアタックに備えることも大切だと思います。
    そして、一番大切なのは仲間を信じること。
    もし、自分が行かなくてはと感じているのなら、時には仲間を信じてそこを任す勇気も持たなくてはいけません。
    ラグビーはチームワークがあってこそのスポーツ。
    ただひたすらボールを追い掛けるだけではなく、仲間の動きを全体で見る余裕も持てるようにしていきましょう。

    弟くんの質問ですが、キャプテンは自分でもやってみて悩むことばかりでした。
    そんな自分が感じた大切なこと、それはコミュニケーションを取ることの大切さでした。

    いくら技術的に良い選手ばかりが揃っていても、チームワークが良くなければ得点には繋がりません。
    その為には、日頃からチームの仲間やコーチとしっかりコミュニケーションを取り、良い事も悪い事もしっかりみんなで話し合って、確かめ合うことが大事だと思います。
    もうひとつ大切だと感じたことは、キャプテンだから何でも自分でしようとしないこと。
    人には出来ることと出来ないことがあります。
    出来ないことは出来る人に任せることも大切なことだと思います。
    それは頼まれた人にとっても、自分が任されたということで、モチベーションが上がるいいチャンスとなることもあります。
    仲間としっかりコミュニケーションを取ること、それはラグビーにとって技術よりも一番大切なことなのかもしれません。
  • Q

    FWをしている中学2年生です。
    中学に入ってからステップを要求されるようにりました。ステップを上手くするにはどいしたらいいでしょうか?

    (中2)

    A

    FL前川 鐘平

    こんにちは、FLをしています前川です。

    ステップをうまくなりたいということですね。

    ではまず、いろいろな試合(海外・トップリーグ・大学・高校・中学)を見て
    どんなステップがあるのか、自分がやってみたいステップはどんなステップなのかを研究してみましょう。
    海外の7'sの試合などお勧めです。
    研究して自分がどんなステップを踏みたいのかが決まれば後は練習あるのみです。
    まずは動きの練習をしましょう。このときに左右両方にステップが踏めるように練習しましょう。次に相手を付けて1対1で実際に抜く練習をしてみましょう。この練習では相手にタックルされる間合いや、ステップを踏むタイミングを掴みましょう。1対1に慣れてきたら3対3や5対5など人数を増やした中でのステップを踏んでみましょう。最後は試合で踏めるようになれば完璧です。

    練習あるのみです!頑張ってください!
  • Q

    こんにちは!
    私は1年前からSHをプレーしている中学2年の女子です。
    今は男子のチームに入ったり、女子のチーム入ったりして活動しています。
    男子に混ざってSHをプレーしていると、コミュニケーションがうまくとれずFWにしっかりと指示を出すことが出来ません。
    どうすれば的確な指示が出せるようになりますか?
    教えてください。

    (中学2年の女子)

    A

    SH佐久間 隆

    こんにちは、SHをしています佐久間隆です。

    SHのコミュニケーションについてですが、
    FWの選手たちはコンタクトプレー(ブレイクダウン スクラム モール)など、
    最前線で体を張ってプレーしています。

    その為、FWがモールを組んでいるときは押す方向を伝えてあげたり、ブレイクダウンではサポートの有無などをしっかり伝えて、その後のプレーがスムーズに出来る様にする為に的確に伝える事が大切です。

    FWの選手に指示を出すときには、もしくは的確に動いてもらえないときは、FW全体に伝えるのは常に大切ですが、しっかり動いてもらえない時は、その選手に対してしっかり名前で読んで、細かくどう動いて欲しいかを伝えましょう。それに対して良いリアクションをしてもらった時にはナイスプレーと声をかけてあげるのも大事です。

    良いコミュニケーションを取り、FWの選手がしっかり仕事をしてくれれば、その後のチームプレーも良くなり、リズムやテンポが出てきてプレーがもっと楽しくなります。
    どんどんコミュニケーションを取って頑張って下さい!
  • Q

    中学でラグビーをしています。
    中学の内に筋トレをすると身長が伸びないと聞いているのですが、
    どのように筋トレをしたらよいのでしょうか?!

    (誠也)

    A

    ストレングストレーナー西原俊一

    こんにちは、ストレングストレーナーの西原俊一です。

    筋力トレーニングをすると、身長が伸びないということはありません。 中学生は身体の発達に個人差があります。バーベルやダンベルを使った高負荷のトレーニングを最初から行うと、怪我をする恐れがあるので、まずトレーニングの導入としては自分の身体を負荷にしたトレーニングから行ってみてはどうでしょうか?
    (例)スクワット→下半身の強化
       腕立て伏せ→上半身(胸の筋肉)の強化
       懸垂(ななめ懸垂)→上半身(背中の筋肉)の強化

    トレーニングをしていく上でトレーニングフォームはとても大切です。
    間違ったフォームで行うと怪我をしてしまう恐れもあります。
    間違ったフォームでトレーニングを行わないように、まず先生・コーチにトレーニングフォームを確認し、無理のない回数から行ないましょう!

    また、筋力トレーニングをした後は、しっかりとストレッチをしてください。筋肉を使ったままにしておくと、次の日の練習でいい動きができません。『しっかりと食事をとる』『しっかりと寝る』ことも筋肉をつける為には大切です。
    『運動』『栄養』『休養』の3つの意識を高く持ちラグビーの練習、トレーニングを頑張ってください。
PREV 3  4  5  6  7

皆様からのご質問大募集!

一問一答コーナーでは皆様からの質問を募集しています。沢山のご応募、お待ちしております。

ご質問送信先

staff@kobelcosteelers.com

メールの件名と本文に下記の情報を入れて、ご質問を送信ください。

件名:一問一答
本文:【お名前】【ニックネーム】【性別】【ご質問】

※出場選手やけが人情報など、質問の内容によりお答えできない場合がございます。予めご了承下さい。

PAGE TOP