ASK THE Kobelco Steelers

一問一答

「ラグビーがうまくなりたい!」 「ラグビーを始めたい!」 などラグビーに関する質問や、トレーニングについてなど、選手に聞いてみたい素朴な質問に選手やスタッフがお答えします。

  • Q

    高校でラグビーをやっています。
    SH、WTBとしてやっているのですが、SHで試合に出る時に持ち味のスピードを出したいのですが、
    しかけという部分のタイミング、仕掛け方があまりよく分かりません。教えて欲しいです。

    (ラグビー野郎)

    A

    SH梁 正秋

    こんにちは!スクラムハーフの梁 正秋です。

    とにかく、チャレンジすることです!
    何回も何回も失敗して良いです!
    その失敗の中で、「この場面では仕掛けれる!」、「この場面では仕掛けない方が良いな!」と自分で分かってくると思います。
    僕も仕掛けが下手なので、逆にこれから君が学んだ事を僕に教えてください。
    あと、ランニングが上手い選手のプレーをたくさん見ることです。
    特にスティーラーズのSHは皆仕掛けが上手いです。
    スティーラーズのSHの選手を見て研究してみてください!
  • Q

    自分は高校2年で、SHをやらしていただいてます。
    外から見てたら、今のこうしたほうがいいなとか思うのに、練習も試合でもプレーの最中になると頭が働かず、
    なんの考えもないままにプレーしてしまいます。
    どうしたら考えながらプレーできるようになりますか。

    (たつや)

    A

    SH小畑 健太郎

    こんにちは!スクラムハーフの小畑 健太郎です。

    質問頂いてありがとうございます。
    あまり答えになっていなかったらすいません。
    些細な練習でも常に試合をイメージし、練習に取り組んで下さい。
    練習でスキルの練習だけでなく、頭を使う練習をしていると、それが身に付き、試合でパニックにならないと思います。
    色々な場面を自分の中で想像を膨らまして、練習を行ってみて下さい。
  • Q

    高校1年で、PRをやってるのですが、タックルとピックがうまくいかない時があります。
    タックルは斜めから入るようにとアドバイスももらいました。
    でも手を伸ばしたら下げて横の人に任せてしまいます。
    ほんとにたまに成功もしますが、ポジションを考えるともっと当たらないといけないと思います。
    ピックもすぐラックしてしまうので、もう少し相手にぶつかって前進したいです。
    力は強いけどうまくいかないと気持ちのコントロールもできません。
    ラグビーはずっとやっていきたいので何かいい方法があったらお願いします。

    (ポジションPR はやと)

    A

    PR渡邉 隆之

    こんにちは!プロップの渡邉 隆之です。

    ピックとタックルがうまくいかないという問題について

    まず、タックルについて、
    プロップはスピードでは恐らく、ほとんどの選手に勝てません。ですから、自分より速い選手とのミスマッチが起こる状況の場所に行かないことが大切です。もしミスマッチの状況になってしまっても、横の人に助けてもらいましょう。チームでディフェンスをしているので、横の人に任せることは、決して悪いというわけではありません。しかしその場合はダブルタックルを狙いに行くなど、自分にできることを探しましょう。自分のパワーを生かせるところでプレーすることをお勧めします。
    後はタックルに行くフットワークのトレーニングはラグビーを続けているうちは一生続けてください。

    ピックについては、ラックサイドは一番人が密集している所です。強いチームになればなるほど、二人、三人とタックルが来ると思います。そこで前進をする方法は、二つです。小手先の技などには頼らず、自分のパワーのみで二人、三人と来るタックラーをパワーでねじ伏せるか。
    それか、パス、タイミングを外す、ハンマー等、小手先の技術で1対1か1対2で自分の状況を有利にするかのどちらかです。
    他の人より少し力が強いくらいでは前進出来ません。相手は二人以上で来るのですから。
    人の倍以上の力をつけるか、技術を身につけるかです。
  • Q

    身長は170センチ、体重は85キロです。高3の現在は1番のPRをやっています。
    大学に向けて2番に転向して大学では2番のHOとしてプレーしようと考えてします。
    そのために今やっておくべきことを教えてください

    (愛知人)

    A

    HO有田 隆平

    こんにちは!フッカーの有田 隆平です。

    私は高校3年生の時にNo.8をしていて、大学になってHOに転向しました。
    始めたての時はスクラムもスローも経験がなく出来ませんでした。
    しかし、井上君はPRからの転向なのでスクラムは問題ないと思います。今出来ることは首のトレーニングと3対3でいいのでHOの感覚を理解することが大切です。

    スクラムでの考え方としてはPRの時にHOにやってほしかった組み方を実践してみる。

    次にラインアウトのスローですが、経験が無ければ最初からうまく投げる事は難しいと思います。まずは真っすぐ投げる練習(一人で練習するのであれば、的を作って投げる、ゴールポストめがけて投げる)

    またジャンパーが取りやすいボールを投げる事。回転やタイミングなど様々ありますが投げ込む事が重要です。
    最初はうまくいかなくても練習をする事で必ず上達します。投げ込んで良いボールが投げれた時のイメージを忘れないでください。

    以上の事が今出来る練習や意識です。ポジション変更は苦労すると思いますが良いチャレンジと思います。
    HOはスクラム、ラインアウトで中心になるポジションなのでFWとコミュニケーションをしっかりとって頑張ってください。
  • Q

    小学5年で、今9人制でラグビーをしてます。
    センターのポジションをずっとしてますが、急遽今度の試合でオープンウイングをやる事になりました。
    アタックディフェンスでの動き方を教えてください。

    (リョウスケ)

    A

    WTB井関 信介

    こんにちは!ウイングの井関 信介です。

    オープンウイングの一番の仕事はトライを取る事です。
    アタックでは、ウイングの位置でボールが来るのを待ち続けるだけではなく、色んな場所にポジショニングを変えて、できるだけ多くボールをもらうことが重要です。そうすることで、自分がトライを取るチャンスも増えます。
    トップリーグの選手の試合を見て、ウイングの選手のステップを真似してみるのも良いですよ!

    ディフェンスでは、前を見て他のポジションの選手に指示を出すことが重要です。一番ボールから遠い所でディフェンスをするので、他の選手より余裕を持って判断できる分、指示を出してチームメイトをサポートしてあげることが出来れば、上手くディフェンスすることが出来ます。

    はじめてのウイングだと思いますが、ボールを持ったら迷わずゴールラインに向かって走り抜けてください!トライを取ったら人気者になれますよ!!
  • Q

    高校3年でSHをやっています 自分のパスはチームメイトに愛情がないとよくゆわれます けどあまりその意味がわからなくどう改善したらいいかわかりません どうしたらいいですか? どのような練習をしたらいいですか?

    (かずき)

    A

    SH徳田 健太

    こんにちは!スクラムハーフの徳田 健太です

    仲間に愛情のあるパスを出すことはスクラムハーフの大切な仕事です。

    では逆に、かずき君にとって愛情のあるパスとはどのようなパスでしょうか?
    仲間のハンズアップしている手にぴったりコントロールされたパス、
    綺麗な回転のかかっているパス、速すぎず遅すぎず適切なスピードのパス。
    いろいろあるでしょうが、共通して言えることは仲間が取りやすいパスだと思います。
    例えば、すごく近い距離にもかかわらず、速すぎるパスを投げられてもキャッチできませんよね。

    毎日の練習の中で、仲間がキャッチしやすいパスを投げることができているか、
    常に意識して取り組んでください。
    仲間に「今のパスはどうだった?」と質問し、フィードバックをもらうことも大事です。
    チームメートは大事な仲間なので、ラグビー以外でも愛情を持って接してみてはどうでしょう?
    きっとパスも変わりますよ!!
  • Q

    私は試合でキッカーをしています!!!! ですがあんまり高く遠くに飛ばせていません。どうしたら高く遠くに飛びますか? あと、ドロップをきれいに蹴るにはどうしたらいいですか?

    (girl。女)

    A

    FB正面 健司

    こんにちは!フルバックの正面 健司です

    キックはまずボールにしっかりミートする事が大事だと思います。その為には、蹴る時までしっかりボールを見続ける事が大事です。
    あとフォロースルーをしっかりする事でボールに力が伝わって距離の長いキックができると思います。コントロールが上手になってくると蹴った後に体全体が浮くぐらいのフォロースルーが理想です。

    ドロップキックも同様にまずは蹴るタイミングまでしっかりボールを見続ける事が大事です。
    フォロースルーも同様です。
    あとドロップキックはボールの落とし方が重要です。いつも同じような落とし方をする事が上達するコツだと思います。

    そして何より大事なのは何回も練習をしていいキックの感覚を体に覚えさす事だと思います。
    うまくキックができるように頑張ってください。
  • Q

    自分はチームでプロップをやらせてもらっています。自分は対人スクラムを組み相手と当たった瞬間にバランスが崩れて下に落ちかけてしまうのですが、どうすればしっかりと耐えられるでしょうか?

    (にっしー)

    A

    PR沢居寛也

    こんにちは!プロップの沢居寛也です

    スクラムを組む瞬間にバランスが崩れるという問題ですが、それは体幹を鍛えることにより改善されると思います。体幹が弱いと、押す力の方向を一定に保てません。

    自分が崩れないために体幹を鍛える事は重要ですが、もう1つはLOやFLの力を効率よく伝えるために体幹の強さが重要になってきます。ネット検索などで鍛え方などをみることができるので、試してみてください。
  • Q

    自分はフランカーをやっています。
    タックルに入るとき、足の踏み込みができず、受けたタックルになってしまいます。
    どういう練習をすれば、しっかり踏み込んでタックルできますか?

    (keisuke)

    A

    FL前川鐘平

    こんにちは!スティーラーズFLの前川です。

    踏み込んだタックルは難しいですよね。私も自主的に練習していますし、コーチにももっと強いタックルをと言われています。

    踏み込んだタックルをする方法ですが、やはり練習で体に刷り込んで行くしかないと思います。昨年チーフスに留学したとき、オールブラックスのFLメッサムも現在、東芝にいるラティマーもみんな練習後にタックル練習を自主的に行っていました。この高いレベルの選手たちでも地道な練習をしているんだと感動しました。

    話は少しそれましたが、まずしっかり踏み込んで肩を強く当てる練習をしましょう。このときに背中が曲がっていないか、顔は下を向いていないか、踏み込む足、背骨、頭は同じ方向を向いて真っ直ぐになっているか。踏み込む足は相手と遠くないかなどに気をつけましょう。また、誰かにチェックしてもらうのも大切です。練習相手やコーチなどに見てもらってフィードバックをもらいましょう。

    次に動く相手に合わせて強く踏み込む練習をしましょう。これもチェックしてもらいながら、さっきと同じ用に踏み込む足などに気をつけながら行いましょう。そして実践的な練習でチームのDFシステムの中でできるかどうか試してみましょう。毎日積み重ねることで、タックルの間合い、踏み込むタイミングがつかめるようになってくると思います。

    しかし試合中のタックルすべてで踏み込んだ100点のタックルはなかなかできません。スティーラーズのFLは40%10回タックルしたら4回は強いタックルをしようと目標を立てています。

    Keisukeさんも試合のときはぜひ目標を立ててやってみてください!良い成果がでることを願っています。
  • Q

    こんにちは。
    高校でスクラムハーフをしていますが、いい状況判断やゲームメイクをするにはどうしたらいいですか。右にほおるところで左にほおったり、スタンドにやるところで前にいる孤立したフォワードにやることがあります。 どうしたらいい判断ができますか。

    (高校生)

    A

    SH田中大治郎

    こんにちは。今年三年目スクラムハーフの田中大治郎です。

    僕は、大学1回生からスクラムハーフに転向したのですが、その頃も同じ事で悩んでいました。良い状況判断するのって難しいですよね。
    僕も今でも難しいなと思っているくらいです。

    僕の場合、早いテンポでボールを捌いてゲームを動かすのが好きなタイプなので、どうしても早く捌こうとする分、判断を誤ってしまう事があります。
    そこで僕が意識しているのは、ラックによる前に誰が、だいたいどこにいて、今どこにチャンスがあるのかを見れる「余裕」をつくることです。

    おそらく、ボールを捌くことを優先しすぎて、ボールによってから誰にパスしようかと判断して焦ってしまっている事が多いのではないのかと思います。僕も、余裕をもたず、捌くことを優先してしまった時は誤った判断をする事が多いと感じます。
    ラックによってから判断するのは難しいですし、よってから判断する分、球出しのテンポもワンテンポ遅くなってしまいます。ですので、ラックによる前にSOやFWのコールを聞ける、周りを見れる「余裕」をもてる様にしてください。

    「余裕」というのは、優先順位を”ラックによる→周りを見る→聞く→判断する→パスをする” から”周りを見ながら聞く→判断する→ラックによる→パスをする”、に変えてみてください!それだけで、視野も広がって、裏のあいてるスペースが見えてきたり、DFのギャップが見れるようになると思います。

    日本代表の田中史朗さんはこの一連の流れの判断が早くて精度も高いのでよくプレーを見て勉強しています。また、SHでゲームのテンポや流れが大きく変わってくるので、チームの戦略などを理解した上でBKやFWにもっとこうするべきだ、どうしてほしいのかを要求する事も良いゲームメイクができるコツだと思います。

    僕自身も判断やゲームメイクの部分でまだまだ課題がありますが、同じSHとしてこれからも共に頑張っていきましょう!!!
    まだまだ経験の浅い僕の考えですが、少しでも役に立ててもらえたらうれしいです。
    ありがとうございました!
PREV 2  3  4  5  6

皆様からのご質問大募集!

一問一答コーナーでは皆様からの質問を募集しています。沢山のご応募、お待ちしております。

ご質問送信先

staff@kobelcosteelers.com

メールの件名と本文に下記の情報を入れて、ご質問を送信ください。

件名:一問一答
本文:【お名前】【ニックネーム】【性別】【ご質問】

※出場選手やけが人情報など、質問の内容によりお答えできない場合がございます。予めご了承下さい。

PAGE TOP