vol.29 関西大学ラグビーも面白い!
「いやーっ、ほんま(コーチ業は)疲れるよ!」と10月15日、花園ラグビー場で行われた京都産業大学vs立命館大学の試合終了後に笑顔で話してくれたのは、コベルコスティーラーズOB我等が吉田明さん。吉田さんは今年4月から母校・京都産業大学ヘッドコーチに就任し、大学日本一を目指し学生達を指導している姿は「編集部だより」でもご紹介した通り。

そんな吉田さんの姿を一目見ようと、10月15日、花園ラグビー場に行ってきました。実は10月1日の関西大学ラグビー開幕日、京都産業大学は吉田明さんと同ポジションの後輩であるOBの神本健司さん(神本さんも今年四月から母校・近畿大学でコーチとして奮闘中です)率いる近畿大学と対戦。吉田さん、神本さん共に「観にきてや〜!!」と言われていたのですが、当日は大雨…。思わず生観戦を諦めてしまったkobe steel RFC編集部ヤマモトだったのです。(ちなみにこの試合は27-5で京都産業大学が勝利し、吉田明さんに軍配があがりました!)

そうして結局、この日の観戦となったわけですが、ええ試合でした!京都産業大学vs立命館大学の前に、近畿大学vs同志社大学の試合もあり、近畿大学が関西王者の同志社大学に後半ロスタイムまで16-14とリードするという「まさか」の展開。試合は最後の最後にPGを決めた同志社大学が17-16と辛勝したのですが、試合終了直後、惜しくも金星を逃してしまった神本さんに声をかけると、「選手がほんまによく頑張ってくれましたわ!」と悔しさをにじませながらも手応えを感じた顔つきで答えてくれました。

ちなみに京都産業大学は立命館大学を相手に44-22と勝利し、開幕から見事3連勝。吉田さんはやはりコベルコスティーラーズの事も気になっている様子で「神戸も5連勝おめでとう!調子が上がってき
たみたいやな!!」とひと言。新天地で学生とともに頂点を目指すOB吉田さん、神本さんの勇姿を観に、大学ラグビーにも足を運ばれてはいかがでしょうか?
>>一覧へ

Copyright 1995-2005 KOBE STEEL,LTD.All rights reserved.
お問い合わせ:
staff@kobesteelrfc.com
神戸製鋼ラグビー部プライバシーポリシーについて