インタビューInterview

試合後のコメント

2019/08/05 | 取材日:2019年8月4日

ジャパンラグビートップリーグカップ2019トーナメント準決勝vsサントリーサンゴリアス戦のコメント

相手はチャレンジャーとして向かってくる。それを受けるのではなく、気持ちで上回り、どれだけ自分たちのラグビーをやり続けることができるのか。強豪・サントリーサンゴリアスとの一戦を前に、どの選手も同じ言葉を口にした。トップリーグチャンピオンのプライドをかけて、コベルコスティーラーズは準決勝の舞台に臨んだ。

試合は直前にスタンドオフがパーカー選手からエリス選手に変更するというアクシデントに見舞われたが、コベルコスティーラーズは序盤から積極的にアタックを仕掛ける。相手にPGで先制を許した後、16分、待望のトライが生まれる。サントリー陣22mライン付近の相手ボールスクラムで反則を誘ったコベルコスティーラーズはペナルティキックを得てラインアウトを選択。ラックでFWが前進を図った後にBKへと展開し、最後は井関選手が今シーズン公式戦初トライをマークする。さらに、直後のサントリーのキックオフが直接タッチラインを割り、神戸ボールのセンタースクラムに。バックスへと展開した後、エリス選手の絶妙なキックパスをアンダーソン選手がタッチライン際でタップすると、サポートしていた橋本(大)選手がキャッチしてタックルを受けながらインゴールまで走り切り追加得点を奪う。25分にターンオーバーからトライを許すが、取られたら取り返すとばかりにその3分後、サントリー陣ゴール前ラインアウトからモールを押し込み有田選手がトライを決める。キックを使いながら相手陣内で試合を進めるコベルコスティーラーズは、前半終了間際にもゴール前ラインアウトからモールを押し込んでトライを奪い、24-11で折り返した。

サントリーのキックオフではじまった後半、いきなりミスが出てしまう。さらに相手ボールスクラムで反則を取られると、自陣22mライン付近でサントリーボールラインアウトのピンチを迎える。FWが必死にディフェンスをするが、そのまま一気にモールを押し込まれトライを献上。ゴールキックも決まり、24-16と差を詰められる。その後は互いにミスが目立ち、中盤でのプレーが続く。そして、19分、自陣22mライン付近のサントリーボールラインアウトからBKに素早く展開されると、アーウォン選手が矢のようなスピードでタックルに入り相手をひっくり返す。しかし、これが危険なプレーとみなされイエローカードが出される。サントリーのPGが決まり、24-19と5点差に。しかし、ここで選手たちは落ち着いていた。自分たちのやるべきことは何か。互いに確認し合う。自分たちの攻撃をし続けようと、平島選手から代わった山﨑選手がFWらしからぬスピードでラインブレイクし、14人とは思えない攻撃を見せる。21分、PGで加点し、27-19と再び8点差に。その後も相手に得点を許さない。再び15人となったコベルコスティーラーズは、36分、アンダーソン選手がトライを決める。39分、インターセプトからトライを奪われるが、サントリーの反撃もここまで。ミスがありながらも、終始攻めの姿勢を崩さなかったコベルコスティーラーズが32-26でサントリーサンゴリアスを下し、決勝進出を決めた。

試合後、ディロンヘッドコーチは「サントリーは最後の最後まで集中力を切らさずアタックしてきましたが、選手たちが終始落ち着いてプレーし勝ちを物にすることができました。この試合に向けていい準備をした選手、スタッフを誇りに思います」と笑顔を見せた。カップ戦初の戴冠まで、マジック「1」。「この大会で頂点に立つことだけを考えて春からトレーニングを積んできました。目標達成まであと一歩のところまで来ています」と、ディロンヘッドコーチ。決勝戦の相手は、昨シーズンのカップ戦で22-24と僅差で敗れたクボタスピアーズだ。カップ戦の借りはカップ戦で返す。2019年最後の公式戦を勝利で締めくくるべくコベルコスティーラーズは、8月10日(日)花園ラグビー場で最高のパフォーマンスを披露する。

アンドリュー・エリスキャプテン、橋本大輝選手、井関信介選手、山下裕史選手のコメントです。
  • アンドリュー・エリス キャプテン
    「第5節から準決勝までの2週間、数日間オフがありましたが、多くの選手がクラブハウスに足を運んでサントリー戦に向けて自分の仕事は何かと考えて取り組んでいました。また、コーチ陣も素晴らしい準備をし、我々をリードしてくれました。選手、スタッフ全員のハードワークがこの結果を生んだのだと思います。ただ、まだカップ戦は終わっていません。昨シーズンのカップ戦で敗れたクボタとの決勝戦が残っています。決勝まで6日間と短い期間ですが、準決勝と同様に最高の準備をして試合に臨み頂点に立ちたいと思います」
  • 橋本大輝 選手
    「サントリー戦に向けてFWはスクラムとブレイクダウンにフォーカスし取り組んできました。しかし、相手を圧倒するまでにはいたらず、FWとしてはまだまだ成長しなくてはいけないところが多いと感じた一戦です。ただ、全体としてはミスが出ても常にボールを持ってアタックし続けた。その姿勢が勝利を呼び寄せたのだと思います。チームは春からカップ戦で頂点に立つことを目標に練習に取り組んできました。決勝の相手は、昨シーズンのカップ戦で敗れているクボタスピアーズですが、相手がどこであれ自分たちのラグビーをして勝利するだけです。今日の試合のようにアタックし続けるマインドを持って戦います!」
  • 井関信介 選手
    「カップ戦を通じてトライを取っていなかったので、周りからも『まだか』とプレッシャーをかけられていたんです。早い時間帯でトライを決めることができ、ほっとしましたし、その後もボールを呼び込んで、いいアタックにつなげることができました。個人としては成長の手応えを感じられる良い試合になりました。試合については、暑い中でのゲームになりましたが、この1週間、今日よりもさらに気温が高い状況でハードな練習を積んできて、アタックし続けるとどういうミスが出るか、時間が経つと足が動かなくなっていくということを体感した上でこの大事な一戦に臨みました。ミスは想定内でしたし、その中で自分たちのアタックをし続けたことが良かった。また、後半、ナイジェル(アーウォン)がシンビンになりましたが、1人少ない状況で何をしないといけないかをお互いに声に出してしっかり確認し合いました。14人で焦らずに落ち着いてプレーし、トライを許さなかったことが勝利の要因の1つだと思います。次はいよいよ決勝戦です。昨シーズンのトップリーグ決勝は出番がなかったので、クボタとの決勝には試合に出てトライを取って優勝に貢献したいと思います」
  • 山下裕史 選手
    「JJ(ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ)にはパシフィックネーションズカップのメンバーから外れた時点で、所属チームの試合に出場させてほしいと話していました。それをJJが認めてくれて、神戸の首脳陣も僕のことを必要としてくれました。金曜まで日本代表の合宿が福岡であったので、チームに合流したのは土曜日の朝のキャプテンズランからです。サンウルブズでの試合以来の久しぶりの実戦、しかも、準決勝という大舞台。負ければ終わりというプレッシャーがある中で途中出場し、ゲームを楽しむことができました。決勝も出場のチャンスがあればチームの勝利に貢献できるよう頑張ります!」

PAGE TOP