Kobelco Steelers

公式サイトに戻る

神戸製鋼コベルコスティーラーズ歴史と記録 スペシャルサイト

1988-1994 7連覇達成

1988年度(昭和63~64年)

コベルコスティーラーズ

1988年度(昭和63~64年)

ジャージに「Steelers」のロゴを採用

1月10日

第41回全国社会人大会決勝で、東芝府中を破り、初優勝

1月15日

第26回日本選手権で、大東文化大学を破り、初の日本一に

1月

神戸市から特別表彰、兵庫県から「県の誉賞」を授与

各地区でのリーグ戦が、全国社会人大会の予選を兼ねることに

部長:平田 泰章
主将:平尾 誠二 / 副将:大八木 淳史、藤崎 泰士

1988年(昭和63年)

神戸製鋼グループ

1988年(昭和63年)

4月

ニューヨークに米国総合統轄会社(KOBE STEEL USA INC.)を設立

1989年度(昭和64~平成元年~2年)

コベルコスティーラーズ

1989年度(昭和64~平成元年~2年)

1月7日

昭和天皇崩御。8日に開催予定の第41回全国社会人大会決勝は、2日後に順延される。

11月

灘浜グラウンドにクラブハウス完成。グラウンドに芝生が整備される

1月8日

第42回全国社会人大会決勝でサントリーを破り、V2達成

1月15日

第27回日本選手権で、早稲田大学を破り、V2達成

部長:平田 泰章
主将:平尾 誠二 / 副将:大八木 淳史
コーチ:大山 文雄

1989年(昭和64年)(平成元年)

神戸製鋼グループ

1989年(昭和64年)(平成元年)

1990年度(平成2~3年)

コベルコスティーラーズ

1990年度(平成2~3年)

1月8日

第43回全国社会人大会決勝で三洋電機を破り、V3達成

部長:平田 泰章
主将:平尾 誠二 / 副将:大八木 淳史
コーチ:大山 文雄

1990年(平成2年)

神戸製鋼グループ

1990年(平成2年)

1991年度(平成3~4年)

コベルコスティーラーズ

1991年度(平成3~4年)

9月25日

国際親善試合で、オックスフォード大学(英)と対戦

第2回ワールドカップに、林、大八木、平尾、細川、堀越が日本代表に選出

1月8日

第44回全国社会人大会決勝で三洋電機を破り、V4達成

第2回ワールドカップ開催(イングランドほか)

部長:内田泰久 / 副部長:大山 文雄
主将:大西 一平 / 副将:イアン・ウィリアムス

1991年(平成3年)

神戸製鋼グループ

1991年(平成3年)

1992年度(平成4~5年)

コベルコスティーラーズ

1992年度(平成4~5年)

1月9日

第45回全国社会人大会決勝で東芝府中を破り、V5達成

近鉄花園ラグビー場大改装

部長:内田泰久 / 副部長:大山 文雄
主将:大西 一平 / 副将:イアン・ウィリアムス

1992年(平成4年)

神戸製鋼グループ

1992年(平成4年)

4月

神戸総合技術研究所が完成 (関西地区の研究施設を神戸市西神地区に集約統合)

1993年度(平成5~6年)

コベルコスティーラーズ

1993年度(平成5~6年)

1月8日

第46回全国社会人大会決勝で、三洋電機を破り、V6達成

ルール改正により、トライの得点を4点から5点に変更

部長:深澤正弘 / 副部長:大山文雄
主将:大西 一平 / 副将:細川 隆弘

1993年(平成5年)

神戸製鋼グループ

1993年(平成5年)

9月

大安工場を新設

1994年度(平成6~7年)

コベルコスティーラーズ

1994年度(平成6~7年)

4月

第1回Steelersチャリティフェスタを開催

11月27日

関西Aリーグ、ワールド戦で24-25で敗退。これにより、1988年12月24日以来続いた国内公式試合連勝記録が71でストップする

1月8日

第47回全国社会人大会決勝で東芝府中を破り、新日鐵釜石以来のV7達成

1月15日

第32回日本選手権で、大東文化大学を102-14で破り、7年連続日本一を達成

1月17日

阪神・淡路大震災発生。灘浜グラウンドも液状化現象を起こし練習不能に。

部長:深澤正弘 / 副部長:大山文雄
主将:細川 隆弘 / 副将:冨岡 洋

1994年(平成6年)

神戸製鋼グループ

1994年(平成6年)

PAGE TOP