一問一答ASK THE Kobelco Steelers

「ラグビーがうまくなりたい!」 「ラグビーを始めたい!」 などラグビーに関する質問や、トレーニングについてなど、選手に聞いてみたい素朴な質問に選手やスタッフがお答えします。

募集要項はこちら

私は試合でキッカーをしています!!!! ですがあんまり高く遠くに飛ばせていません。どうしたら高く遠くに飛びますか? あと、ドロップをきれいに蹴るにはどうしたらいいですか?

(girl。女)

フルバック | 正面 健司
フルバック 正面 健司

こんにちは!フルバックの正面 健司です

キックはまずボールにしっかりミートする事が大事だと思います。その為には、蹴る時までしっかりボールを見続ける事が大事です。
あとフォロースルーをしっかりする事でボールに力が伝わって距離の長いキックができると思います。コントロールが上手になってくると蹴った後に体全体が浮くぐらいのフォロースルーが理想です。

ドロップキックも同様にまずは蹴るタイミングまでしっかりボールを見続ける事が大事です。
フォロースルーも同様です。
あとドロップキックはボールの落とし方が重要です。いつも同じような落とし方をする事が上達するコツだと思います。

そして何より大事なのは何回も練習をしていいキックの感覚を体に覚えさす事だと思います。
うまくキックができるように頑張ってください。

自分はチームでプロップをやらせてもらっています。自分は対人スクラムを組み相手と当たった瞬間にバランスが崩れて下に落ちかけてしまうのですが、どうすればしっかりと耐えられるでしょうか?

(にっしー)

PR | 沢居寛也
PR 沢居寛也

こんにちは!プロップの沢居寛也です

スクラムを組む瞬間にバランスが崩れるという問題ですが、それは体幹を鍛えることにより改善されると思います。体幹が弱いと、押す力の方向を一定に保てません。

自分が崩れないために体幹を鍛える事は重要ですが、もう1つはLOやFLの力を効率よく伝えるために体幹の強さが重要になってきます。ネット検索などで鍛え方などをみることができるので、試してみてください。

自分はフランカーをやっています。
タックルに入るとき、足の踏み込みができず、受けたタックルになってしまいます。
どういう練習をすれば、しっかり踏み込んでタックルできますか?

(keisuke)

FL | 前川鐘平
FL 前川鐘平

こんにちは!スティーラーズFLの前川です。

踏み込んだタックルは難しいですよね。私も自主的に練習していますし、コーチにももっと強いタックルをと言われています。

踏み込んだタックルをする方法ですが、やはり練習で体に刷り込んで行くしかないと思います。昨年チーフスに留学したとき、オールブラックスのFLメッサムも現在、東芝にいるラティマーもみんな練習後にタックル練習を自主的に行っていました。この高いレベルの選手たちでも地道な練習をしているんだと感動しました。

話は少しそれましたが、まずしっかり踏み込んで肩を強く当てる練習をしましょう。このときに背中が曲がっていないか、顔は下を向いていないか、踏み込む足、背骨、頭は同じ方向を向いて真っ直ぐになっているか。踏み込む足は相手と遠くないかなどに気をつけましょう。また、誰かにチェックしてもらうのも大切です。練習相手やコーチなどに見てもらってフィードバックをもらいましょう。

次に動く相手に合わせて強く踏み込む練習をしましょう。これもチェックしてもらいながら、さっきと同じ用に踏み込む足などに気をつけながら行いましょう。そして実践的な練習でチームのDFシステムの中でできるかどうか試してみましょう。毎日積み重ねることで、タックルの間合い、踏み込むタイミングがつかめるようになってくると思います。

しかし試合中のタックルすべてで踏み込んだ100点のタックルはなかなかできません。スティーラーズのFLは40%10回タックルしたら4回は強いタックルをしようと目標を立てています。

Keisukeさんも試合のときはぜひ目標を立ててやってみてください!良い成果がでることを願っています。

こんにちは。
高校でスクラムハーフをしていますが、いい状況判断やゲームメイクをするにはどうしたらいいですか。右にほおるところで左にほおったり、スタンドにやるところで前にいる孤立したフォワードにやることがあります。 どうしたらいい判断ができますか。

(高校生)

SH | 田中大治郎
SH 田中大治郎

こんにちは。今年三年目スクラムハーフの田中大治郎です。

僕は、大学1回生からスクラムハーフに転向したのですが、その頃も同じ事で悩んでいました。良い状況判断するのって難しいですよね。
僕も今でも難しいなと思っているくらいです。

僕の場合、早いテンポでボールを捌いてゲームを動かすのが好きなタイプなので、どうしても早く捌こうとする分、判断を誤ってしまう事があります。
そこで僕が意識しているのは、ラックによる前に誰が、だいたいどこにいて、今どこにチャンスがあるのかを見れる「余裕」をつくることです。

おそらく、ボールを捌くことを優先しすぎて、ボールによってから誰にパスしようかと判断して焦ってしまっている事が多いのではないのかと思います。僕も、余裕をもたず、捌くことを優先してしまった時は誤った判断をする事が多いと感じます。
ラックによってから判断するのは難しいですし、よってから判断する分、球出しのテンポもワンテンポ遅くなってしまいます。ですので、ラックによる前にSOやFWのコールを聞ける、周りを見れる「余裕」をもてる様にしてください。

「余裕」というのは、優先順位を”ラックによる→周りを見る→聞く→判断する→パスをする” から”周りを見ながら聞く→判断する→ラックによる→パスをする”、に変えてみてください!それだけで、視野も広がって、裏のあいてるスペースが見えてきたり、DFのギャップが見れるようになると思います。

日本代表の田中史朗さんはこの一連の流れの判断が早くて精度も高いのでよくプレーを見て勉強しています。また、SHでゲームのテンポや流れが大きく変わってくるので、チームの戦略などを理解した上でBKやFWにもっとこうするべきだ、どうしてほしいのかを要求する事も良いゲームメイクができるコツだと思います。

僕自身も判断やゲームメイクの部分でまだまだ課題がありますが、同じSHとしてこれからも共に頑張っていきましょう!!!
まだまだ経験の浅い僕の考えですが、少しでも役に立ててもらえたらうれしいです。
ありがとうございました!

僕は高校2年生でNo.8をやっているのですが、身長180センチ 体重80キロという体つきの割には、試合中になかなか突破することができません。
また、足が遅くて抜くこともできません。
どうすれば突破力が上がり足が速くなるのでしょうか?

(カズ)

LO | 前田大輔
LO 前田大輔

こんにちは、LOをしています前田大輔です。

突破力を向上させるには、身長180センチ体重80キロという体格であっても、
更に筋力アップすることで突破力は向上すると思います。
また、技術面でDFラインを突破する方法として私自身が意識しているのは、
相手DFのギャップを狙うことです。

相手に真正面から当たり突破するのもひとつの方法ですが、ボールを貰う前に相手をずらしたりなどしてスペースに走ることにより、高い可能性で前へ出れるようになります。

相手を抜くスピードを身につけるには、一瞬の瞬発力の速さを身につける練習をしてください。ラダートレーニングなどのSAQトレーニング(スピード、アジリティ、クイックネス)をすることをお勧めします。

なかなか思うような成果が出なくても、日々努力し続ければ結果はついてきます頑張って下さい!!

こんにちは。自分はラグビーにあこがれていて今年からクラブチームで始めることにしました。
ただ、年齢が26歳で、今までの運動経験は高校まで陸上の長距離をやっていたくらいです。
身長が188センチあるためロックをやりたいと思っているのですが、体重が71キロしかありません。
体幹トレーニングは毎日行っているのですが、その他にどこから鍛えていけば良いか教えていただきたいです。
できれば一人でできるトレーニング方法も知りたいです。よろしくお願いします。

(にしやん)

LO | 大窪 光
LO 大窪 光

こんにちわ、LOをやっています大窪です。

筋肉量を増やしたいならウエイトトレーニングをすることです。
まず大きな筋肉を鍛えるために、スクワット・ベンチプレス・デッドリフト
この3つのトレーニングを基礎として行い、あとは自分の好きなトレーニング
メニューを少しずつ増やしていけばよいと思います。
自重で行いたい場合はプッシュアップ・スクワット・懸垂などが良いと思います。
毎日の積み重ねが大事ですので頑張ってください。

僕は高2でプロップをしているんですが、高1の時はルーズヘッドをしていました。
高2になってタイトヘッドに変わりましたが全然上手く組めません。
色々なラグビーに関する書物を読みあさりましたがイマイチわからないです。
神戸製鋼のスクラムは見ていて、負けているとこを見ないのでなんとかアドバイスを頂きたいです。
タイトヘッドで組んでる時に注意する点、押す時に首を取られない用にするためにどうすればいいのかを教えて頂きたいです。よろしくお願いいたします!

(ひさぴょ)

SH | 山内雅延
SH 山内雅延

こんにちは、PRをしています山内雅延です。

最近タイトヘッドを始めたということですが、
まずはタイトヘッドでたくさんスクラムを組むことが必要だと思います。
タイトヘッドでのスクラムの組み方は一つだけでは無いので、数多くの相手とスクラムを組み、体にタイトヘッドとしての経験値を積ませてあげる事が必要です。

次に、実際にタイトヘッドを始めたばかりで一番感じるとは思いますが、タイトヘッドはルースヘッドと違い、フロントローの中で、相手の重さを一番感じるポジションだと思います。
そのため、タイトヘッドには「相手の重さに耐える」、また「相手を押し返す」強い身体が必要になります。
その中でも特に重要なのが「首」、「体幹」、「下半身」の力が必要になります。
身体作りと、タイトヘッドでスクラムを組む練習を、同時進行で行っていくことが良いスクラムが組める第一歩になるでしょう。

最後に、スクラムを組んでいる時の注意点など技術的なことに関してですが、今どのような状況・状態でスクラムを組んでいるのか具体的にわからないので文章での指導はできません。
基本的なタイトヘッドとしての注意点は、「低い姿勢をキープする」、「首をとられない」、そして何より、「組む瞬間」です。組んだ瞬間に勝敗が決まるといっても過言では無いでしょう。
そのために、自分達が優位な状態で組むため、低さや速さなど、FW8人で共通の意識を持つことが必要になります。

ルースヘッド、タイトヘッドでは、首や肩、腕の使い方など違いはありますが、基本的にはまっすぐ押すということが大切です!
チームにおいて『プロップ』は重要なポジションです。
どこにも負けないスクラムが組めるように頑張ってください!
応援しています。

まっちゃんです。
ポジションはSHなんですが、中学の選抜にとてもはいりたいです。
そのために、SHとして求められる技術とはなんですか?
あと、長く伸びるキレのあるパスはどうすればいいのですか?

(中2のまっちゃん)

SH | 猿渡 知
SH 猿渡 知

こんにちは、SHをしています猿渡知です。

中学の選抜に入りたいと言う意志はとてもいい事だと思います。その為に、SHとして求められる技術はさまざまです。

まずは、まっちゃんが何が出来て、出来ないかを把握する事が第一ですね。
そこを、自分でチェックする事で、課題が1つ1つ見えてくると思います!
課題が出たら、その課題を克服する為に技術を磨きましょう!
練習あるのみです。

長く伸び、キレのあるパスも
短い距離から正確にパスをする事から始めてみたらどうですか?
少しずつ距離と精度を積み重ねる事で、長く伸びキレのあるパスに繋がると思います。

中学選抜に入れるように頑張って下さい!!応援しています。

東大阪ラグビ−スク−ル5年生で、ラグビ−をしています。
練習の時は、タックルが出来るのですが、試合では頭が下がってしまいます。
どうしたら頭が下がらずにタックル出来るようになるでしょうか?

(ゆうき)

LO | 伊藤 鐘史
LO 伊藤 鐘史

こんにちは、LOをしています伊藤鐘史です。

わたくし、伊藤鐘史がご質問にお答えします。

「練習では出来るけど、試合では出来ない」ってことは、まだ練習が足りてないかもしれません。
試合では、色々な状況が起こりますし、普段よりも興奮状態にあるので、一つ一つのプレーを意識してやるのは難しいかもしれません。
なので、意識しなくても体が反応出来るようにするために、普段の練習があります。
いい癖がつくように反復練習に励んで下さい。

頭が下がってしまう点については、試合でタックルする時に背中が丸まっていないかコーチにチェックしてもらってください。
背中が丸まっていると頭をあげるのが困難になります。
ラグビーを始めて間もない頃、スクラムの姿勢をとってキープする練習をしたと思いますが、あの姿勢はスクラムに限らず、あらゆるコンタクトの局面で重要になる姿勢です。
意識しなくても出来るようになりましたら、あとは強い気持ちと自信をもって試合に挑んでください。
ラグビーを楽しみながら頑張ってくださいね!

Good Luck!

こんにちは、ラグビースクールでプレーしている小学五年生です。ポジションはFWとSOです。
質問です。FWのことですがオーバーで負けないためには、どうしたら良いですか?
次にSOの質問です。正確なパス、キックをするにはどうしたら良いですか?

(ポン太)

SO | 森田 恭平
SO 森田 恭平

こんにちは、SOをしています森田恭平です。

オーバーで相手に負けないためには、相手より低い姿勢でオーバーに入ることが一番重要です。
またポイントに相手より早くサポートに行くことも重要です。低く、早くを心掛けて下さい。

正確なパスに関しては、自分のパススピード、味方の走るスピードを考えてスペースにボールを投げることを心掛けて下さい。
正確なキックに関しては、ボールから目を離さず蹴ることが重要です。またミスキックの原因は、手からボールをリリースするときに乱れていることがほとんどです。丁寧にボールをリリースすることを心掛けて下さい。

パスとキックは反復練習することが一番重要です。遊びでも構わないので、最低でも一日1回はボールを触るようにしましょう!!

1  2  3  4  5  6  7  >

皆様からのご質問大募集!

一問一答コーナーでは皆様からの質問を募集しています。沢山のご応募、お待ちしております。

件名:一問一答、本文に 【お名前】 【ニックネーム】 【性別】 【ご質問】 をお書きの上、下記メールアドレスに送信ください。

※出場選手やけが人情報など、質問の内容によりお答えできない場合がございます。予めご了承下さい。

PAGE TOP